忍者ブログ
7th dragon 2020 の妄想ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

40.png

大きな戦いは終わり、ミロスは平和をとりもどした頃のこと。

アイギスは盾でした。それも優秀な盾でした。
アイギスと戦った戦士は英雄になりましたので
ミロスの王は、英雄と盾を称えました。

英雄は優秀な剣も持っていました。
先祖代々、古くから伝わるキャリバーンという名の剣です。
英雄はキャリバーンを大切にしていました。アイギスと共に、大切にしていました。
けれどもミロスの王は、キャリバーンを称えませんでした。
キャリバーンを恐れ、それを英雄から奪って森の奥深くへ隠すことにしました。

キャリバーンとアイギスは、こうして離れ離れになってしまいました。
二人がまた一緒になれるときには
この世界はきっと、血に染まっていることでしょう。



あれ、キャリバーンってお墓にあったっけ?
とりあえず、遠距離恋愛(?)はちょっと萌えると思う。

PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
124  123  122  121  120  119  118  117  116  115  114 
カレンダー
06 2018/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つなまよ3
さくらもちのひとびと

ブログ内検索
カウンター
かんりにんよう
忍者ブログ [PR]