忍者ブログ
7th dragon 2020 の妄想ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さくらもちがニアラを討伐した、1000年後の世界。
 
世界各地に残されたドラゴンは、ニアラが倒れた後どこか遠くの空へ飛び
フロワロは消え去り、もう二度とドラゴンに襲われることはないと思っていた。
けれど、それはあまりにも考えが甘すぎた。
たったの1000年で、ドラゴン達は蘇ったのである。
 
ギルドさくらもちはとうの昔に解散してしまった。
彼らの子孫も…いない。
 
今、この世界にいるのは
家出同然で飛び出したハントマンの少年。
ドラゴンの恐怖を忘れている人々。
そして、今度こそ喰らい尽くそうと咆えるドラゴンと
憂いを帯びた瞳でハントマンの少年を遠くから見つめる双子ルシェの少女だった。

続きでメンバー紹介。

■一紀(いつき) 18歳 眼鏡メイジ
アイゼン出身

アイゼンの貴族の息子。苗字は大神。千歳の弟の子孫にあたる。
今はもう大神の名を継ぐのは彼しかいないので大切に育てられてきたのだが
本人にとってはそれが負担となり、ある日家出をすることに。
世間知らずのため、カザンへ向かう途中に賊に襲われたところを
クエストを受けていた十夜に助けられる。


■十夜(とおや) 22歳 金騎士
ミロス出身

平等社会ミロスで育ったものの、両親が神経質ではなかったので
あまり平等とか意識せずに育てられた。
そのため、騎士になったものの自分の実力がどの程度か分からず
ミロスの騎士団を抜けてハントマンとして活動することに。
クエストの途中で一紀に出会い、一緒にギルドを作ることとなった。
拓人と外見が同じだけど、彼との繋がりはない。


■うさぎ 24歳 鬱姫
マレアイア出身

マレアイア出身の歌姫。でも男の子。
うさぎという名前は仮名で、本名はさくら。
マレアイアで、男ということを隠して育てられたのだが
あまりの歌唱力の高さに次期女王にふさわしいのではないかと噂される。
本人はそれを拒み、国を出ることに。
髪を切って男として生きたかったのだが、女の方が好都合だと女装のまま。
…ちなみに、歌は滅多に歌わない。戦闘も鞭ばっかり。

PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つなまよ3
さくらもちのひとびと

ブログ内検索
カウンター
かんりにんよう
忍者ブログ [PR]