忍者ブログ
7th dragon 2020 の妄想ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これの続き。
 
※紫姫の正体は名も無き小さな花。
フロワロの影響によって人間の姿となり、ハントマンとなるも
フロワロがなくなれば、姫の命もなくなってしまう…?というベタな展開
 
…の、気になるエンディングその1。
  
IMG_001925.png

彼女は言いました。
「何か食べるものをおくれ」
でも娘は何ももっていませんでした。
「ごめんなさい。私は何も持ってないのです。
 お肉も、パンも、ぶどう酒も。家も家族も友人さえありません」
彼女はびっくりしました。
「お前は人間のくせに、家族も友もいないのかい?」
すると娘は、はるか北にそびえたつ塔を指差します。
「友はいました。けれどももうじき真竜を倒すことでしょう。
 真竜が倒れ、世界中のフロワロが消えるとき、この私も消え去ります。
 友はそれを望まなかったので、私から友を捨て去ったのです」
娘はもう、涙さえ枯れ果てていました。
けれども彼女は娘の言葉の意味がよく分かりませんでしたので
娘を哀れんであげることも同情することもありません。
「そうか、お前は何も持ってないのだね」
「ええ」
「しかし、さっきからずっと甘い匂いがするのはどうしてだ」
「私にあるものといえば、哀しい運命だけでございます」
 
娘がそういうと、彼女の目がギラリと光ります。
 
「なんだ、持っているのではないか!」
「何のことでしょう?」
「お前の、その運命を食べてやる!さぞかし美味いことだろう!」
 

 
他人の不幸は蜜の味。…なんちゃって。
運命が食べられてしまって、少女のまま生きることになって
別れたギルドメンバーと再会→ハッピーエンド。
そんなルートもよいですね。

あと、ヤンペコちゃんのおなかのなかにフロワロが咲き続けて
少女の姿のまま一生を過ごす→ハッピーエンド。
とかも考えてました。はらのなかにいた的な。
PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
21  20  19  18  17  16  15  14  13  12  11 
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
つなまよ3
さくらもちのひとびと

ブログ内検索
カウンター
かんりにんよう
忍者ブログ [PR]