忍者ブログ
7th dragon 2020 の妄想ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ジ・アース討伐後の二人の様子。
※つぶあん第2回を読んだあとだと、なんとなく分かりやすいかも。


 
090617_1816~01.JPG

穏やかな風が、川を泳ぐように流れる。
前にもここには二人で訪れたことがあった。
あのときは、デートみたいだねと言ったら、デートのつもりだったんだけどと彼は笑って
カザンへの帰り道、途中までは一緒に手を繋いで帰ったっけ。
 
まるであのときにタイムスリップしたみたいに、彼はリラックスして伸びをしてて
けれど私は、あのときのような穏やかさはどこかに消えていた。
せっかく、彼が話しやすいようにこの場を用意してくれたのだ。
高鳴る鼓動を抑えるように、いつもよりも小さめの声で、振り絞る。
 
「あ…あのね…」
「ねぇ、灯」
 
私の声は、彼には届かなかったらしい。
橋に寄りかかりながら、川を見下ろす彼は言葉を続けた。
 
「ドラゴン退治、もう嫌だ?」
「…え?」
「前にさ、そんな感じのこと言ってたじゃん」
 
そう、あれはアイゼンに訪れたときのこと。
デッドブラックを倒すと決めた彼に、私がどうしてそんなことをしなければならないのかと言った。
世界は、ドラゴンに滅ぼされる運命だというのに。なぜそれに逆らうのか。
潤は、世界じゃなくてアイゼンの人たちを救いたいと言っていた。
でも春馬は、運命に逆らうような瞳でこう答えた。
大切な人を失いたくないし、大切な人が生きる世界を失わせない…と。
 
「気がついたらさ、俺たちなんだかドラゴン退治ばっかりやってるけど
 普通のハントマンとして、クエストこなすギルドとしていっても間違ってないし
 王者の剣とか、他にもドラゴン倒せる奴らなんているだろうしさ」
「あのね、春馬」
 
カザンが襲われたとき。
春馬は憧れの人を失って、故郷も変わり果ててしまった。
ロラッカ森林がフロワロに包まれたとき。
私は何も感じなかったけど、今ならなんとなく分かるの。
あのとき、どうして仔ウサギが泣いていたか。
 
「私ね、本当は人間じゃないの」
「………」
「ただのね、小さな花なの。名前もないような…小さな花なの。
 それが、フロワロの魔力にあてられて、突然人間の姿になったの」
 
隣にいる春馬は、何も言わない。
二人で川を見下ろしながら、私は言葉を続けた。
 
「だから、世界からフロワロがなくなったら…きっと、私はまた花の姿に戻ると思うの」
 
花の姿に戻って、それから後のことは分からない。
そのまま森で咲き続けるか、すぐに枯れてしまうか。
…けれど、それは言えなかった。
 
「ドラゴン退治が嫌だったのはね、運命に逆らうなんて無謀なことだと思ったから。
 どう頑張っても、世界はドラゴンに食べられる運命だって思ってた。
 でも、春馬は信念曲げないし、潤は諦めないし、果音は強いし
 もしかしたら、このまま世界は救われるのかもしれない」
「…灯」
「それにね、バ=ホで会った兵士。彼と会って、護りたくても力がない人がいるって知ったの。
 私には、大切な人がいて、その人を笑顔にする力があるのなら、そうしなきゃって思った。
 人間の姿になったからには、人間らしいことしなきゃ」
 
世界が滅びようが、救われようが、いつかこの身は滅びるのなら。
それなら、貴方に世界を残して消えていきたい。
 
「私は、春馬の世界を護りたい」
 
清々しい気持ちで、私は春馬の方を向く。
けれど彼は、笑っているような困っているような、泣きそうな顔をして
まるでその表情を私から隠すように、突然私をぎゅっと抱きしめた。
 
「分からないよ」
「…はるま?」
「好きな人がいて、その人とずっと一緒にいたいのに
 ずっと一緒にいようと思えば世界は滅びちゃうし
 世界を救おうとすれば、その人が消えるなんて……残酷だ」
「ごめん、ね…」
「………」
「でも、大丈夫だよ。消えないよ」
「………」
「…思い出、いっぱい作ろう」
 
思い出、いっぱい作ろう。
これから先、何があっても平気なように。
二人でいっぱい楽しい思い出つくって、これ以上もうないってぐらい作ったら
どんなことがあっても、きっと淋しくない。
 
「…あかり」
「ん?」
「好き、だよ」
「うん…、私も」
 

 
書いてて恥ずかしくなって死ねる。

PR
◎ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
48  47  46  45  44  43  42  40  39  38  37 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
つなまよ3
さくらもちのひとびと

ブログ内検索
カウンター
かんりにんよう
忍者ブログ [PR]